世の中には頭髪の薄毛に悩んでいる人も多いもの。とりわけ男性にとって頭髪は外見を大きく決定づける要素ともなるため、抜け毛や薄毛は自信喪失にもつながりかねません。こう言った症状を改善するにあたっては、できるだけ早期に医療機関を受診し、専門の発毛治療を受けると良いでしょう。
というのも、その原因がなんであれ薄毛はそのまま放置しておくと徐々に毛乳頭をはじめとする毛包が縮小し、そのまま消滅するともう新たな頭髪が生えずに打つ手がなくなってしまうからです。そうなる前に少しでも早く原因を突き止め、自分の症状にとって最も効果的な治療を受けることが何よりも重要です。
そのためには、一般的な内科や外科などのクリニックでも一部のAGA治療などが受けられるものの、もっと専門的に治療やアドバイスを受けるにあたってはやはり専門クリニックの方がより安全で安心といえるでしょう。

患者一人一人の症状に応じて治療方法を策定しその経過を観察

それではいざ発毛治療を受けるにあたってはどのような手法が駆使されるのでしょうか。多くの流れとしてはまず最初のカウンセリングの予約からスタートです。まずは触診や問診を行って医師がそのコンディションを確認し、必要に応じて血液検査や遺伝子検査を行ってAGAの可能性を確かめることもあります。
もしもここで頭髪の汚れが毛穴詰まりを引き起こすタイプの薄毛なら頭髪の洗浄などを促し、睡眠不足やストレス、過労、食生活のタバコやアルコールの過剰摂取などが関係している場合には生活指導なども行います。さらにAGAの発症が認められれば飲み薬や塗り薬を処方して専門治療を行なっていきます。こう言った治療方針を通じて経過を観察し、その変化に応じてさらなる対策を講じていくことになります。

医療機関における成長因子や栄養分の注射、または自毛植毛も人気

さらに発毛治療の現場では専門性を追究した治療法も展開しています。例えば頭髪の成長因子や発毛のために必要な栄養分を混ぜ合わせた薬剤を頭皮に注射することによって発毛を促す治療法も人気です。これらはAGAの場合にも飲み薬や塗り薬と併用でき、さらなる早期の改善が期待できます。
また、患者の健康的な自毛を採取してこれを薄毛部分に植毛して定着するのを促進する施術も人気を集めています。これを用いると定着した自毛はそのままうまくいけば生涯にわたってずっと根付いて自分の頭髪として使い続けることも可能です。人工毛であれば1年ごとのメンテナンスが必要ですが、この植え替えの手間暇がかからない分だけ自毛植毛もまた効果的な手法と言えるでしょう。
また、その他にも個々の症状に合わせて飲み薬や塗り薬を処方し、様々な側面において頭髪の成長を見守っていくのがこれらの医療機関の基本方針です。